アルバイト探さないと

アルバイト探さないとと思っても何がいいかわからない、条件に合う求人がない、などの経験は誰でもあると思います。アルバイトを探さないといけない動機は人それぞれですが、上手なアルバイトの探し方を考えていきましょう。

上手なアルバイトの探し方とは?

アルバイトの探し方

アルバイトの探し方は様々ですが、ひとつの探し方にこだわらず複数の方法で探すことによっていい仕事を見つけやすくなります。
今の時代であればインターネットを利用してアルバイトを探す人も多いことでしょうが、これは時間を問わずに仕事を探すことができるので非常に便利なものです。
情報量もかかりませんし情報の更新速度も早く、掲載されている求人の数も多いのでアルバイトを探そうとしている時に最適な方法となります。
基本としては求人サイトを利用するのが効率がよく、求人の量もさることながら条件を絞り込むことも簡単にできるというのは、大きなメリットのひとつとなっているので、希望する条件の仕事を簡単に見つけ出すことができます。
そして、もうひとつインターネットを利用して探す時に忘れてはならないのが、気になる企業のホームページをチェックするというもので、ホームページ上でも求人が掲載されてることは少なくありませんから、そのような部分も忘れずに確認をしておきましょう。
次にアルバイト情報誌を利用するという方法があり、これも基本的な方法ながら仕事を見つけやすいものとなります。
インターネットが普及した今の時代でも、すべての求人がインターネット上に掲載されているとは限りませんから、紙媒体というのも意外においしい仕事がある可能性があり見逃すことができないものとなっています。
気軽に頁をめくって仕事を探すことができるのも、紙媒体の利点と言えるでしょう。
知り合いに紹介をしてもらうというのもひとつの方法であり、アルバイトであればツテによって採用してもらうこともそれほど難しいものではありませんから、仕事を紹介してもらうというのもアルバイトの探し方のひとつとしては試したいものとなっています。

アルバイトの募集内容の見方

アルバイトとして働きたいと思い、いろいろな求人情報を検索することがあるでしょう。その際、募集内容の正しい見方をしなければなりません。
中には、概要しか掲載されていなかったり、紛らわしい表現で記載されたりすることがあるからです。
例えば、見るべき重要な項目の一つに職種を記した欄があります。
しかしこの職種に掲載されている内容も、企業によって、実際に行なうべき仕事内容や担当する範囲などに関して幾らかの違いがあるものです。
具体的に言えば、職種を記した欄に営業と書かれていたとしても、それぞれの企業によって行なっている事柄が異なるものです。
それで、アルバイトの募集内容で職種を記した欄を見て仕事内容をきちんと確認することが必要です。仮に少しでも不明な点があれば、必ず電話かメールで確認するようにしましょう。
さらに、アルバイトの募集内容には、年齢や資格といった応募の条件が記されているものです。
一定の年齢に達していることは必要条件の中でも重要な点ですが、資格に関しては、やや異なる見方をすることができるでしょう。
仮に必要とされる資格がなくても、自分の気になる仕事であれば応募してみることができるかもしれません。
実際、多くの企業において、資格を最優先するというよりは、応募者の人柄ややる気を重視するとも言われているからです。
加えて、アルバイトの募集内容で大事な点は、勤務時間でしょう。
一般的に言って、これらの募集内容に記載されているのは基本的な勤務時間であり、残業時間などは記されていないものです。
アルバイトと言っても、時には残業を依頼される可能性があるため、この点も気になるなら直接問い合わせることができるでしょう。

アルバイトで募集内容と実態が違ったら

アルバイトで、もしも募集内容と実態が違ったら、とる方法は2つです。1つは、我慢をして仕事を続けることです。
もう1つは、そのようなお店で働くのが嫌ならばさっさと辞めてしまうことです。
場合によっては損害賠償を請求できたり、募集内容どおりの条件で働かせてもらえることもありますが、これはかなりレアなケースです。
なぜなら、募集内容と実態が違っていても、正式な労働契約書を交わすときに正しい内容で契約が交わされていたのなら、契約違反にはならないからです。
もしも労働契約書と実態が違っている場合には契約違反となるので、労働基準監督署に相談をしてみましょう。
しかし、求人サイトやハローワークに出されている広告と実際の内容が違うということはよくあるものの、労働契約書ではそれが修正されて、正しい内容になっていることがほとんどですので、違法ではありません。
ハローワークや求人サイトに苦情を申し立てることはできるものの、損害賠償などはもらえません。
嘘の広告にだまされて面接を受けにいったのであれば、交通費などは損害賠償として請求できるかもしれませんが、裁判をしたり弁護士を雇う費用などを考えると割りにあわないでしょう。
結論として、アルバイトで募集内容と実態が違うケースでは、労働契約を結ぶ段階でしっかりと質問をしておき、募集内容どおりの仕事であるかどうかを確認しておくことが重要になるということです。
しっかりと質問をしていたにも関わらず、聞いていたことと違う仕事内容だったとしたら、それは詐欺罪や契約違反などになる可能性があるので、労働基準監督署に相談をしてみましょう。
しかし、ボイスレコーダーなどに録音でもしていない限り、口約束だけの場合は「言った・言わない」の争いになる可能性があります。契約書の内容もきちんと確認しておきましょう。

■アルバイトからでも始められるWEBのお仕事があります
WEBデザイナー

TOPへ戻る